治療ご希望の方へ


プロフィール

名前  鹿島洋志(かしまひろし)

私は幼少の頃から持病で苦しんでいました。24歳の時に患者として今の師匠と出会いました。それは中国伝承医学との出会いでもありました。根治への希望が見え、鍼灸師を志し今に至っています。師匠と出会うまで、ヨーガや食餌療法、瞑想など東洋の医学思想を学びましたが、それはここへ至る道だったのだと感じました。

天に導かれて鍼灸師になったとつくづく思います。これからはそのご恩返しをするんだという気持ちで治療をしていきたいと思っています。

略歴

1964年  母親の実家、三重県に生まれる
1987年  大谷大学仏教学科インド学専攻 卒業
1994年  行岡鍼灸専門学校卒業 鍼師・灸師・按摩マッサージ指圧師免許取得
1994年~ 大阪市内の治療院・クリニックなどで鍼灸治療に従事する。
2000年  大阪市北区にて開業

所属

中華伝承医学会講師
社団法人大阪府鍼灸マッサージ師会
社団法人全日本鍼灸マッサージ師会
日本アドラー心理学会


治療の概要

当院は、中国の古流派の流れをくむ伝統的な中国医学の観点から治療しています。四診(問診・聞診・望診・触診)・弁証論治(診察・診断・治療)による本格的な中国医学の治療です。

鍼灸治療が主ですが、症状に合わせて手技療法(中国整体・整骨・あん摩等)・養生法など、総合的に行っています。整形外科的な痛みの治療には、西洋医学の考え方も取り入れています。

主な診察法 目的

  • 【人迎気口診】 病因診察・診断法
  • 【六部定位診】 内傷系病因診察・診断法
  • 【気口九道診】 内傷および骨傷系経絡診察・診断法
  • 【傷寒脈状診】 外因性・伝染性疾患診察・診断法
  • 【西洋医学的触診法 】
  • 治療法 目的

  • 【鍼灸治療】
  • 【医療推拿】 皮膚・筋肉などの軟部組織に対する中国的按摩マッサージ治療
  • 【中医整骨】 中国医学的関節操作法
  • 【モビライゼーション】 カイロ系の関節操作法
  • 【薬膳指導】 中国医学的食養生法
  • 【テーピング】 捻挫や関節痛に対して行います
  • 【気功・ヨーガ・呼吸法】 自室神経失調由来の病気・姿勢改善などに使います。
  • ※鍼は完全ディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)を使用しています。
    ※鍼は患者さんの体質や治療目的に応じて、日本の鍼・中国鍼などを使い分けています。


    適応症(旧)

    適応症のページは鍼灸の適応疾患のページに移転しましたので、そちらをご覧下さい。


    診療時間・曜日 料金等


    予約制です。かならず予約・問診票記入のうえ、ご来院ください。
    ※土曜午後、日・祝は予約がある場合のみ診療いたします。ただし講習会
    参加等で休診にする場合がありますので、必ず前日までにご予約ください。
    初診料   2000円
    治療費   4000円
     5回券  19000円(3800円/回)
    10回券  36000円(3600円/回)
    小児鍼   小学生低学年以下 1500円
    推拿治療6000円

    ※中学・高校生は治療内容により安くすることもあります

    ※保険治療は別の料金体系になります。

    ※平成26年4月1日より下記のとおり改定させていただきます。
    初診時   6000円
    再診料   5000円
     5回券  21000円(4200円/回)
    10回券  40000円(4000円/回)
    小児鍼   小学生低学年以下 1500円
    推拿治療6000円

    ご来院時の注意事項・問診表

    背中・お腹・手(特に肘から先)・足(特に膝から下)などを診察・治療します。着衣は脱いでいただく必要はありませんが、おなかや背中を出せる診察しやすい服装でお越しください。ワンピースやきつい下着は不適当です。ジャージ・トレーナなどの着替えを持ちになっていただいても結構です。

    中国医学では舌を診る診察法を行います。治療2時間前以降に、舌に色をつくものを食べたり飲んだりしないでください。たとえばコーヒー・グレープジュース・仁丹・キャンディーなどです。

    治療時間は初診の場合、1時間~1時間半くらいです。それ以外は1時間前後です。当院の治療時間は時間制でなくて、「その時点でもっともいい体調になったとき」です。30分でも1時間半でも治療費は変わりません。

    問診票ダウンロード

    次の問診票にできるだけ詳しく記入してお持ちください。

    一太郎形式  (41.5kB)
    WORD形式  (64kB)
    PDF形式    (172kB)
    ☆問診表記載の料金は平成26年4月1日からの新料金になっています。
    それ以前は旧料金になります。詳しくは>>こちらの記事

    ※できましたらB5サイズの用紙に印刷お願いします。
    ※一太郎もしくはMicrosoft Wordをお持ちでない方はPDF形式でダウンロードしてください。 Adobe社のAcrobatReaderが必要です。Adobe社のHPより無料でダウンロードできます。