夏至(6/21頃)


梅雨のだるさ対策に小豆・はと麦

6月21日は夏至でした。梅雨時期ですが、
紫外線が一年で一番強い時期でもあります。

24日に琵琶湖に釣りに行ってきたのですが、
薄曇りでほとんど日が射していないのですが、
日焼けしました。


梅雨・雨対策に黄色の服を着てみる

中国医学では、色と体調は密接な関係があるとされています。
五行に対応した五色があります。

湿気は脾蔵(西洋医学の脾蔵と一対一の関係にはありません)に
負担をかけやすい、また脾が弱ると湿気に犯されやすい。

ここで五色の話なのですが、脾の働きを助ける色が黄色です。


梅雨のだるいとき、あっさりした食事に一考

雨が続く梅雨時期、
体がだるくてやる気がでない、足が重くて階段がつらい、
食欲が無い、頭が重いなんかの症状で、
治療に見える方が増えます。

これらは、高温・低気圧・多湿のせいで、
胃腸が弱って動きにくくなると出てくる症状です。