骨盤の歪みは腰痛にあまり関係ないという研究

整体やカイロプラクティックの人たちが、GUM05_CL10056.jpg

腰痛の原因が背骨や骨盤の歪みに関係しているので、これを治すのが根本治療

と主張しているのをよく見かけます。
しかし、私は20年近く前から治療を続けていて、
これに疑問を持っていました。



脊柱の側弯や、骨粗鬆症でひどい亀背(背骨の変形による強い猫背)などで、
骨盤が歪んでいても、腰痛がない人がたくさんいる
のを見てきたからです。

最近、私が疑問に持っていたことを裏付ける研究論文があります。
1999年とちょっと古いですが・・・
(The association between static pelvic asymmetry and low back pain)

サマリー(論旨)を読むと、
骨盤の非対称性と腰痛の関係」を論じているようです
(本文は有料なので読んでいません)。

被検者は腰痛患者144名と健常者138名と少なめなのと、
「骨盤の非対称」といっても「static(静的な) pelvic(骨盤)」と書いている点が
気になります。この場合のstaticというのはどういう意味なんだろう?

骨盤の非対称 (asymmetry)がstatic、
つまり骨盤の歪みが一時的なものではなく、
常態化しているということを示していると思われます。


サマリーの調査結果部には以下のように書かれています。

Pelvic asymmetry was not positively associated with low back pain in any way that seemed clinically meaningful. Asymmetry of posterior superior iliac spine landmarks showed some evidence of a weak positive association with low back pain.

ようするに、
「骨盤の歪みと腰痛に強い関係はないけれども、弱い関係ならある(かも)」
ということでしょう。

結論部には
「absence of meaningful positive association (有意に積極的な関係はない)」と
しています。「積極的な(positive)関係」と書いているところも気になります。
消極的な関係ならあるんだろうか・・・


私の母方の祖母は農民だったからか、ひどい亀背でした。
しかしほとんど腰痛を訴えていませんでした。

また、私は20年近く多くの腰痛患者さんを治療してきましたが、
骨盤や背骨のゆがみを残したままでも、治療で腰痛がなくなってしまう
ことは普通にありました。

腰痛の原因が背骨や骨盤の歪みに関係しているので
これを治すのが根本治療

というのは、ある治療理論に由来する偏見だと思います。
    (2012年07月01日:
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
関連記事
  1. 夏ばてと異常な肩こり・背部痛
    ここのところ、めまいや頭痛、異常な肩こり・背部痛・腰痛・こむらがえりの患者さん...
  2. リリカ服用の疼痛患者さん、鍼治療の反応が鈍いかも
    リリカは発痛部位において痛みの伝達物質の放出を低下させ鎮痛効果を発揮するタイプの...
  3. 骨盤の歪みは腰痛にあまり関係ないという研究
    整体やカイロプラクティックの人たちが、 腰痛の原因が背骨や骨盤の歪みに関係してい...
  4. 鍼灸・マッサージによる安定期の妊婦さんの腰痛治療
    安定期に入った妊婦さんで、「腰痛をなんとかして欲しい」とお問い合わせされる方がい...
  5. 妊娠初期の腰痛はお灸とマッサージを多用
    妊娠初期の腰痛で来院された患者さんに関する考えをいくつか書いておきます。 まず基...
  6. 冷えと胃腸を壊した寝違い・腰痛が増えた
    大寒入ってから、寝違いやぎっくり腰の方が、どっと増えました。 冷えと食い過ぎ・夜...
  7. 一月暮れの腰痛
    一月二十一日ごろに二十四節気の大寒がやってきます。一年で一番寒い頃です。 一月も...
  8. 正月明けのカゼ・腰痛
    これを書いている正月休み明けです。毎年この時期は、年末年始の暴飲暴食・不規則な食...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kashima-hariq.com/MTOS/mt-tb.cgi/277

コメントする