正月明けのカゼ・腰痛

これを書いている正月休み明けです。
毎年この時期は、年末年始の暴飲暴食・不規則な食事などで
胃腸の調子がおかしくなった患者さんが増えます。

 

胃腸がおかしくなると、体の抵抗力が減ります。
そのためにカゼをひいた、冷えてぎっくり腰になった、
寝違えた・・・などの症状の方が多いですね。

最近はほとんど飲む習慣がなくなりましたが、
正月のお屠蘇は、胃腸の働きを良くし、
からだをあたためる漢方薬からできています。

縁起物でもあるお屠蘇ですが、
この時期の体調を調える薬でもあるんですね。

    (2012年01月20日:
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
関連記事
  1. 梅雨入り初頭でカゼをひくわけ
    中国医学では3月頃から6月初頭にかけて火季の季節といいます。なぜなら日が長くなっ...
  2. 下痢と嘔吐を繰り返す、感染性の胃腸炎を鍼と灸で治す
    先週、息子が感染性の胃腸炎にかかりました。嘔吐と下痢を繰り返して5日ほど学校を休...
  3. カゼの高熱・扁桃腺の腫れに刺絡療法
    カゼが流行ってますね。鍼灸もカゼ治療は得意分野です。...
  4. 一月暮れの腰痛
    一月二十一日ごろに二十四節気の大寒がやってきます。一年で一番寒い頃です。 一月も...
  5. 正月明けのカゼ・腰痛
    これを書いている正月休み明けです。毎年この時期は、年末年始の暴飲暴食・不規則な食...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kashima-hariq.com/MTOS/mt-tb.cgi/115

コメントする