産科


婦人科の基本方針

婦人科の治療方針も「治療の前提」に書いたことが基本です。月経がある年代の方は、それに基礎体温の変化に応じた治療を行うということが加わります。
基礎体温は月経がある女性の健康のバロメーターのひとつです。正常な方の基礎体温は低温期と高温期がはっきり分かれ、長さも規則正しく、きれいな二相性になっています。きちんと低温期・高温期がきちんとあるか、その長さは?温度は?・・・といったことを考慮に入れて治療していきます。


妊婦さんの治療についての基本方針

Gum05_cl10065 妊娠初期の初診の方は、お断りしています。
当院では妊娠初期に初診で治療するのは、
つわりで困ってらっしゃる方を除き、基本的にお断りしています。
これは流産した場合、当院の治療が原因であると受け取られるのを危惧するためです。


妊婦さんの治療

妊婦さんの治療

Q&Aのところでも書きましたが妊娠中の体調管理としても鍼灸は有効です。ただし妊娠中の治療は間違うと流産する危険性を高めることになりますので、知識と経験と技術が必要です。


妊娠していますが鍼灸治療をうけてもだいじょうぶですか?

鍼灸治療にも産科の治療があります。つわり・逆子・予定日を過ぎても出てこない、出産後の疲労回復等々いろいろ対応が可能です。ですから妊婦さんが鍼灸治療をしてもかまいません。ただし注意しないといけない点がいくつかあります。

結論から先にいいますと、まだ安定期に入っていない方が初めて鍼灸治療を受けられるのは、避けた方が無難です。


妊婦さんの治療(概要)

妊娠さんの治療

Q&Aのところでも書きましたが妊娠中の体調管理としても鍼灸は有効です。ただし妊娠中の治療は間違うと流産する危険性を高めることになりますので、知識と経験と技術が必要です。

つわり

程度の差はありますが、つわりはほとんどの妊婦さんにおきます。病気ではないので軽ければ治療の必要はないと思いますが、ひどい場合は食事がすすまなくなったりして、体力を消耗してしまうといけませんから、治療した方がいいでしょう。


逆子の灸治療

逆子の灸治療は昔から有名で、産科病院でも取り入れているところが結構あります。国内外の産婦人科医による逆子の灸治療の効果を記した論文がいくつかあり、産婦人科の医師の間でも有名になりました。

産婦人科で逆子が発見されると、逆子体操や胎位の矯正手技を行う方法がありますが、比較的効果が低いようです。特に矯正手技は危険度も高く、死産になるリスクも高くなるので、矯正を行わない主義の医師も結構いらっしゃいます。それに対して逆子の灸治療は効果が高く安全なので、こちらの方をおすすめします。


妊娠中の風邪

妊娠初期にカゼをひいたときはどのように対処したらいいのでしょうか?妊娠初期に薬を服用すると胎児に影響することがありますので、薬を服用する場合はどんな薬を飲んで良いのか悪いのか医師の指導を受ける必要があります。それでも西洋薬の服用が不安な方には中国医学での治療をおすすめします。


つわり(悪阻)の鍼灸治療

つわり(悪阻)は妊娠初期によくみられます。しかしなかなか有効な治療法がないので、お困りの方も多いかと思います。

鍼灸治療はつわりにとても効果的です。

中国医学ではつわりの原因として、胃に元気がない・胃が冷えている(冷たいものの過食)・胃に熱がある(甘いもの、しつこいものの過食)・湿邪が多い・のぼせている等々の原因が挙げられています


子宮筋腫

子宮筋腫は成人女性の1/4が持っているとされている病気です。

西洋医学的には、筋腫もしくは子宮そのものを取り去ってしまう手術を行うか、
薬で進行を遅らせたり退縮を目的とする薬物療法があります。

手術に関しては、最近ではレーザーを使った手術法なども開発され、
特に妊娠をご希望される方には妊娠への影響の少なくなりつつあります。


治療中に治った逆子

C子さん 34才 女性 

《主訴》逆子

逆子が治らないということで、33週目に来院された。

既に一人お子さんがいるにも関わらず、保育園に預け、
大手コーヒーメーカー営業担当としてかなりハードに仕事をされている。

診察してみるとC子さんは、非常に健康で体力がある。
逆子以外、調整しなければいけないようなところはほとんどない。
体力偏差値70点といったところか。
睡眠時間3~4時間で霞ヶ関で働いているエリート官僚みたいに、
体力・知性が備わった方である。