東洋医学・鍼灸と筋筋膜性疼痛症候群

Gum11_cl06059

筋筋膜性疼痛症候群と、医師の診断を受け、治療を受けられている方もいらっしゃるでしょう。オーソドックスな治療としては、医師にトリガーポイント・ブロック注射をしてもらい、それ以外に理学療法士やマッサージ師に筋肉を緩めてもらうあたりかと思います。

それでも、なかなか改善が見られない・・・

ということで、当院に来られる方も多いです。

当院では、そういったオーソドックスな治療(注射はできませんので鍼で代用します)に加えて、東洋医学的な診方を取り入れています。

西洋医学的には圧痛点や筋硬結・筋緊張を見るのを重要視しますが、東洋医学ではその痛みの原因として、熱・冷え・乾燥・湿・虚・実といった観点を加えます。

痛んでいるポイントや、それを引き起こしている体調が、冷えている・乾燥している・熱を持っている・水分代謝が悪い・実している・虚しているなどといった観点から、除痛方法を探します。これに胃腸の働きを調えるなどの治療が加わります。

こういった観点を治療に取り入れるだけで、治療成績が改善されることが多々あります。筋筋膜性疼痛症候群の治療を受けてもなかなか治らない方は、一度、当院の東洋医学の観点からの筋筋膜性疼痛症候群の治療を試してみてください。

  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する