ヘルニアの手術をしても、痛み・しびれが取れない

腕や足に痺れがあり、検査したらヘルニアが見つかった。
手術をしたんだけれども症状が取れない。

当院にはこういう方がときどき来られます。

手術をしても効果がなかったのですから、痛み・しびれの原因は、ヘルニアではなかったということです。

多くの整形外科医は、しびれとヘルニアがあれば、両者を関連づけて考える傾向にありますが、実際は関係のないことが多いのです。

ヘルニアがあってに症状がない方が大勢いらっしゃいますし、我々が治療して症状が取れても、ヘルニアはそのままという症例をたくさん体験しています。

触診して、関節の可動性や筋肉の緊張・体調などを診ると、
多くの場合、筋痛と筋の過緊張が原因であることが多いのです。

筋痛や筋の過緊張の原因は、外傷後の不適切な治療であったり、不良姿勢によって特定の筋肉に負担がかかったからというのが多いです。

治療は体調を調える、筋の緊張を取ってやる、関節の可動性を改善してやる、
これだけの処置で、多くの症状は改善・解消します。

こういう処置は医師があまりやってこなかったので、気づいていない医師が多いようです。

手術でよくなることもあるじゃないか?

ヘルニア手術でよくなることもたくさんあるじゃないか?

という疑問を持たれる方がいらっしゃると思います。
原因はいくつか考えられます。

・手術時の麻酔で筋緊張が改善された。
・プラセボー効果(手術をやったら治るという思い込み)

といった、あたりが理由じゃないでしょうか?

いずれにせよ、手術をするまえにできることはたくさんあります。手術後にやれることもたくさんあります。

  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する