転倒して2ヶ月治らなかった筋筋膜性疼痛症候群が4回で治った

右の腰と、肩胛骨と背骨のあたりの筋肉が痛いのが治らない・・・

ということで、銀行員のAさんが2年ぶりに来られました。

問診すると
1ヶ月半ほど前に通勤途中でこけて、お尻と背中を強打したといいます。

あまりに痛かったので、病院でレントゲンを撮ってもらったけれども異常なし。
単なる打撲と診断されました。
治療は湿布と痛み止めの薬を出されただけでした。

一週間、湿布と痛み止め服用したら、改善されましたけれども
痛みは残ったままでした。

そこで、近くの整骨院に行って、電気治療やマッサージをしてもらいました。
やはり少し改善されましたけれども、どうしても痛みが取れませんでした。

Youtu

そこで当院のことを思い出し、来院されました。

触診して、典型的な筋筋膜性疼痛症候群と判断し、
全身を調える治療と、痛みを誘発するトリガーポイントに鍼をしたら、
4回の治療で完治しました。

【コメント】

よく触診すると、脊柱起立筋を構成する筋肉の一つである最長筋が非常に凝って、肩胛骨内側とその下あたりに痛みがありました。

また、毎日デスクワークをするので、背中の筋肉全体が凝っていました。

まず肝鬱気滞(ストレスで起きる身体の緊張)と、胃腸に元気をつける治療をしました。そうすると背中の筋肉がかなり緩んだのですが、
痛みが続く筋肉の深いところに、細い索状硬結が見つかりました。

その部分に鍼をして、緩める操作をしました。ちょっと手強くて、高度な操作が必要でしたが、1回の治療で半減しました。

10日で4回ほど治療をしたら、完全に痛みが取れました。

  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する