中華伝承医学と古典鍼灸の違い


当院は大阪市北区のビジネス街にある鍼灸・推拿治療院です。中国古流の中華伝承医学による難病・慢性疾患治療に力を入れています。

難病・慢性病は東洋医学でも難しい治療ですが、西洋医学とは違った観点から治療をすると、めざましく症状が好転することも多々あります。たとえば難病指定されている疾患で、当院で比較的治療成績のよいものに、突発性難聴・クローン病・潰瘍性大腸炎などがあります。


古典鍼灸と中華伝承医学

中国伝統医学あるいは古典鍼灸医学と称している鍼灸院はたくさんありますが、
大きく分けて三つの系統があります。

1)昭和になってできた経絡治療の流派の系統
2)現代中医学の系統
3)古典と口伝にもとづく流派の系統

昭和になってできた経絡治療の流派の系統」は、明治期に漢方・鍼灸医学が廃れ、その復興運動として古典研究と独自の臨床経験を元に、昭和初期に日本で作られた、新しい鍼灸医学です。経絡治療と呼びます。日本において、現代中医学以外の中国伝統医学(伝統鍼灸医学)の多くは、この系統に入ります。

現代中医学の系統」は中華人民共和国建国後の中国において、国策として作られた中国医学です。現代中医学と呼ばれます。中医学と呼ばれているのは、この流派です。

古典と口伝にもとづく流派の系統」は師匠から弟子に、手から手へ、あるいは口伝で伝えられた伝統医学です。 当院はこの流れに属します。

まず、基本的に1も2も、成立して100年も経っていない伝統医学です。どちらも非常に古典を研究するのですが、理論と臨床が解離し、理論的自体も論理的破綻しているために、臨床経験が充分に生かされていません。

それに対して3は何代にもわたって、師匠から弟子に一対一で伝えられてきた医学です。特徴として、基礎理論から治療理論まで一貫した論理的な体系になっています

この系統に属するのはほとんどありません。日本では江戸期にできた流儀が若干ありますが、経絡治療の系統を越える流儀はありません。しかし本場の中国では若干ですが残っています。

師から弟子へ一対一で伝えられてた中国古流派は、中国近現代の政治の激動によって、滅んだり、表に出てこなくなったり、海外へ渡ったりしました。たとえばのと100年をみても、清朝の滅亡、辛亥革命(漢民族独立運動)による中華民国建国、支那事変、中華人民共和国建国、文化大革命・天安門事件といった、大きな政治的変動が何度もありました。その中で、かろうじて残っている流派がいくつかあります。

当院は、このような数少ない流れの一派です。日本の宮大工をイメージすると良いでしょう。当院が属するような流儀の流れは宮大工に相当します。建築家や民間住宅を建てている大工とは違った役割を担っています。

>>「中華伝承医学と中医学の違い」はこちら

  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する