痔核・裂肛・痔ろう(痔瘻)の鍼灸治療

痔には大きく分けて痔核・裂肛・痔ろう(痔瘻)があります。

痔核はいわゆる「いぼ痔」とよばれるもので、イボが肛門の中に肛門内にあるものを内痔核、外に出ているものを外痔核いいます。痔核は肛門周囲の血液の流れが悪くなって、肛門周囲にある静脈叢がうっ血して「こぶ」ができたものです。

裂肛はいわゆる「切れ痔」とよばれるものです。硬い便や浣腸などによって肛門部に傷ができたものです。

慢性化すると潰瘍になることもあります。

痔ろうは「あな痔」ともよばれるもので、肛門・直腸の感染症です。腸と肛門の境目に波形のへこみがあり、その奥に肛門線があるのですが、ここが腸内細菌に感染し化膿します。これが肛門周囲膿瘍で、膿が出た穴がいつまでもふさがらず長期化するのが痔ろうです。進行すると発熱・疼痛・全身倦怠感などが表れ、早急に専門医による治療が必要です。

痔核・裂肛・痔ろうの鍼灸治療

中国医学での痔の治療は局所よりも全身のことを考えて治療することが多いです。局所的な原因としては、直腸から肛門にかけての湿熱・気虚・お血などと考えられています。

湿熱は、辛いものや脂っこいものを食べすぎて腸管が熱をもつものです。唐辛子がたくさん入った韓国料理やタイ料理などを食べた翌日、排便時に痛みがでたりすることがあります。あれが湿熱の症状です。胃腸の湿熱を抜く治療をします。

お血は、一日中すわって仕事をされている方や冷え症の方が下腹部の血行がわるくなっている状態です。静脈がうっ血してイボができる痔核(いぼ痔)なんかは典型的な例です。治療はお血を取り除くようにするわけですが、冷えから来ているものならお灸で下腹部を温める治療が中心です。運動不足から来ているものなら鍼灸治療のあとに簡単な気功を御指導することがあります。

気虚ですが、これは元気がなくなって腹部の活動力が低下し、冷えやお血が生じやすくなった状態です。全身治療をベースに冷えやお血の治療をします。

他にもいろいろありますが、大まかに分類するとこの三つに分けられます。

痔核・裂肛・痔瘻のうち、鍼灸治療の効果がもっとも出やすいのは裂肛(切れ痔)です。急性で軽いものだと5回くらいまでで治ってしまいます。その次が痔核です。小さな痔核なら治療を続けると治ることが多いですが、大きなものは無理です。痔核の場合は手術で切除した後、再発防止のようなかたちで鍼灸治療を受けられるのが、コストパフォーマンスが高いかと思います。痔ろうは早急に手術しなければいけないことが多いので、専門医の受診が早急に必要です。治療は病院での治療後に再発防止のようなかたちでおこなうのが良いでしょう。

  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する