妊娠中の風邪

妊娠初期にカゼをひいたときはどのように対処したらいいのでしょうか?妊娠初期に薬を服用すると胎児に影響することがありますので、薬を服用する場合はどんな薬を飲んで良いのか悪いのか医師の指導を受ける必要があります。それでも西洋薬の服用が不安な方には中国医学での治療をおすすめします。

まずお勧めするのは漢方薬です。カゼの初期症状や後期症状の場合は、西洋薬より漢方薬の方が安全でよく効くものが多いのでお勧めです。また鍼灸治療を受けるよりも手間がかかりません。漢方治療をご希望される方には、当院では大阪市営地下鉄の天神橋六丁目駅近くにある漢方専門薬局をご紹介しています。

カゼには鍼灸治療もよく効きます。インフルエンザや39度以上の熱がある場合は、医師の診察をおすすめしていますが、それ以外の症状はほとんど鍼灸で対応可能です。咳・咽痛・頭痛・咳・下痢、「西洋薬を服用して急性症状は治まったけれどもなんとなくスッキリしない」みたいなときは鍼灸治療の得意分野です。

ただし妊娠初期の場合、鍼灸治療をしない方がいいことが多いので、新規での患者さんは治療していません。新患さんの場合は漢方治療の方をおすすめしています。しかし妊娠以前から治療している患者さん、および安定期に入った方には積極的に治療しています。

  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する