五十肩の治療

五十肩は、正しくは肩関節周囲炎といいます。
何らかの原因で、肩の周辺組織に炎症・変性が起き、
疼痛と関節可動域制限を認められる疾患の総称です。
治療にあたってはまず原因をはっきりさせる必要があります。

また、五十肩の治療は、痛みの原因の炎症を抑えることと、
肩の関節の可動域制限を改善するが治療のポイントとなります。

初診では、治療にあたって不適応症、
原因別の治療のコストパフォーマンスなどをご説明します。

不適応症には、感染症やガン由来のものが上げられます。
鍼では対応できないことがほとんどなので、
至急に医師の診察・治療を受けていただきます。
しかしこのような患者さんが鍼灸院に来院されるのはまれで、
ほとんどの方は治療対象となります。


「原因による治療のコストパフォーマンス」ですが、
鍼灸適応の五十肩でも、原因によってコストパフォーマンスが違ってきます。

たとえば、石灰分が沈着して肩の運動痛がある場合、
石灰分自体を外科的処置で取り除かないと、
痛みがなかなか取れません。
結晶が小さいものでしたら、注射器で取り除くか、
再吸収されるまで対処療法をして、
結晶自体は放置しておきます。

沈着した石灰分の大きな物や骨棘由来のものは、
外科的に取り除かないとなかなか痛みがひきません。
これらのものは鍼灸で対処療法的に痛みは改善するのですが、
症状がスムーズに改善されていきません。

五十肩の鍼灸治療

急性期は、癒着や肩関節の構造上の変性が少ないので、
適切な治療をしますと早く治ります。
慢性期から治療を始めると、
癒着や関節構造の変化で、
痛みがなくなっても関節可動域制限が残ったりしますので、
早めの治療が必要です。

急性期は何はともあれ強い炎症があり、
多くは自発痛(動かさなくても痛む)をともないます。
炎症部には発熱・発赤・腫脹といった現象が起きています。
強い痛みがあります。このような強い痛みがあると、
肩を動かして肩周囲の筋肉や関節の状態を見ることが難しいので、
まずはこれを取り除かなくてはなりません。

それには、手の井穴刺絡を行います。
刺絡療法とは三稜鍼や針で少し皮膚を傷つけ、
微量の血液を出す治療です。
患部を通っている経絡の指端から微量出血してやります。
そうすると患部の熱がひいて、腫脹も軽くなります。
軽度の場合はごく短い針を井穴に刺すだけでも軽快可能です。

このようにしてある程度炎症を抑えますと、
痛みが軽減されて肩が動かしやすくなり、
筋肉をひとつずつ詳細に触診できるようになります。
そこで痛みで肩をあまり動かさなかったために伸びにくくなった筋肉を探し出し、
これをゆるめる方法を分析します。

筋肉をゆるめる方法として、経絡上に鍼を刺す、
全体の体調を診察してこれを改善させる本来の中国医学的な治療を行う。
筋肉に直接鍼を刺すなどがあります。

「経絡上に鍼を刺す」方法は、
緩めたい筋肉を通っている経絡上の経絡上に経穴を取って、
鍼を刺す方法です。
目的とする筋肉上でなくても筋肉をゆるめることがでます。
経絡は左右対称にあるのですが、
患側(悪い側)と反対側の経絡上の経穴を使っても緩めることができます。

「全体の体調を診察してこれを改善させる本来の中国医学的な治療を行う」方法は、
中国医学本来の治療、弁証論治という手続きによって治療する方法です。

五十肩は、肝実・肝虚・胆実という「証」によって起きることが多いのですが、
こういった「証」にもとづくちりょうをしてやるだけで、
肩の痛みや可動域制限が改善されることも多いです。

「筋肉に直接鍼を刺す」方法は、
その言葉どおり、肩関節の可動域を制限している筋肉に直接鍼を刺し、緩める方法です。
五十肩の場合は、広範囲にわたる筋肉に異常が起きていることが多いので、
太くて長い鍼を使うことが多いです。
脇の下周辺の筋肉にこういう治療をすることが多いです。

このような治療法を組み合わせて治療を行いますが、
どの治療法にポイントを置くかは患者さんの状態を見て決めます。

最後にキネシオテープをして、治療を終了します。
ただし、かぶれやすい人には、やりません。

さて、以上のような治療をしますと、
痛みが軽減されて関節可動域も改善されます。

最後に改善された痛みや関節可動域が、元の状態にもどらないように、
ご自宅でできる簡単な運動法を御指導して帰っていただきます。

治療間隔ですが、
急性期の場合は、
1回の治療にじっくり時間をかけて次の治療まで期間を空ける(1週間以上)よりも、
1回の治療は短くても頻回治療する方が、効果が上がる傾向があります。
幸いに五十肩は保険の適応疾患になっていますので、
ご希望される方は事前にご相談下さい。
ただし利用制限がありますので必ず事前にご相談下さい。
保険治療のページもご参考に下さい。

  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する