頚椎症の治療

頚椎症は、頚椎を構成している軟骨・靱帯・骨の変性(頚椎症性変化といいます)によってひきおこされる症状のことです。

骨の変形やヘルニアで、痺れや痛みが生じると考えられてきましたが、
骨の変形やヘルニアがそのままでも症状が改善・消失することも多く、
当院では筋肉や軟部組織の炎症や過緊張あるいは痛覚システムの異常による原因のはっきりしない疼痛(いわゆる筋筋膜性疼痛症候群)によるものとして捉えています。

医師に「手術適応」といわれても、
鍼灸治療によって日常生活に不便無い程度に改善することも多いいですし、
症状消失も少なくはないです。

そのことをふまえて以下にご説明します。

頚椎症とは~筋筋膜性疼痛症候群との関係

頚椎症の症状は大きく分けて,

頚椎症性神経根症と頚椎症性脊髄症、それに局所症状があります。

神経根症は、
脊髄から手の方へむかう神経の根もと(神経根)が、
頚椎を構成している軟骨・靱帯・骨の変性によって圧迫されて起き、
症状としては首から肩・腕・指にかけての、
だるさ・凝り感・シビレ・痛みで、ひどい場合は筋力低下を起こすと
従来は考えられてきました。

現在でも大半の整形外科医はそのように考えて治療していますが、
る軟骨・靱帯・骨の変性があっても症状のないことも多く、
痺れや痛みとの関係はあまりないことが大半です。
いままで神経根症と考えられてきた症状は
筋筋膜性疼痛症候群(MPS)であるとする考えに変わりつつあります。
当院では筋筋膜性疼痛症候群と考え、その治療をおこなうことにより、
効果を上げています。


頚椎症性脊髄症は、
頚椎症性変化によって脊髄が圧迫されて起きます。
症状は神経根症と似ていて、
首から肩・腕・指にかけてシビレ・痛み・筋力低下を起こします。
特徴的なのはひどくなると、
関節の曲げ伸ばしができなくなる(運動障害)、
歩行障害がでる
膀胱障直腸害(排尿・排便が自分でコントール出来なくなって、失禁状態になる)
などの症状でが出ます。
頚椎症性脊髄症はいわゆる神経根症/筋筋膜性疼痛症候群とは違って、
重度の場合は手術適応になります。

いずれにせよ整形外科でX線・MRI・CTなどを使った画像検査をする必要があります。しかし重度の頚椎症性脊髄症以外では鍼灸治療で改善することが大半で、手術適応と診断されても、鍼灸治療を試される価値はあるかと思います。

>>筋筋膜性疼痛症候群の鍼灸治療の解説へ

鍼灸治療に関して

上記したとおり、
当院では筋肉や軟部組織の炎症や過緊張を改善すれば、
症状も改善・消失すると考えています(病院で手術適応と言われても、
一度当院での治療をお試しください)。

神経根症状の患者さんは加齢とともに高頻度で発生し、
当院にもよく治療に来られます。
ほとんどの場合、最初の治療で症状の改善が見られます。
症状の改善状態が安定するまでの回数が問題ですが、
それは程度によって違ってきます。

問題は脊髄症状のある場合です。
脊髄症状のある場合でも、
シビレ・痛み・筋力低下といった神経根症状と重なる症状は、
筋肉や軟部組織の炎症や過緊張を改善すれば、
症状が軽減・消失します。

しかし、運動障害・歩行障害・膀胱直腸障害があるものに関しては、
やってみないと、どの程度症状が改善するか分かりません。

当院での治療法

痛み・しびれの主たる原因である筋肉や軟部組織の炎症や過緊張を治すには、

1)筋肉を緩める
2)関節の可動性を高める
3)炎症を抑える
4)胃腸の状態の影響を診る
5)日常生活・食生活の指導

あたりがポイントです。

頚椎症を治療を考える場合、
頚椎自体の問題と、痛みやしびれといった症状の問題とを
分けて考える必要があります。

先にも書いたとおり、
頚椎自体に問題があっても症状がないこともあれば、
頚椎症と症状があっても、
その症状が頚椎症由来の症状ではないこともあるからです。

私はだいたい次のように分類して治療しています。

   頚椎の構成体に変性有り
    症状なし(治療は予防的なものになる)
    症状あり
      症状が構成体の変性由来(治療には回数が必要。難易度高)
      症状が構成体の変性以外が原因(比較的簡単に症状がなくなる)
      上記2者の混合型(2~3回やってみないと、予測不可)

基本的なことですが、骨の変性は不可逆的なものですから、
鍼灸治療をしてももとに戻ることはありません。
しかし骨に変性があっても、症状がなければ治療をする必要はありません。
ですから症状がある場合には「変性があっても症状がない状態」に治療目標をおきます。

当院の治療の特徴

すでに書きました、
筋肉を緩める・関節の可動性を高める・炎症を抑える・日常生活や食生活の指導という点に関しては、
他の治療院でもやっています。

他院との違いは、運動器疾患であっても、胃腸の働きを診察し、
その影響を分析して治療をする点です。

関節や筋肉の問題は、胃腸の働きと深く結びついていると考えるのが、
中国医学の伝統的考え方です。

胃腸は弱っていないか、食べ過ぎていないか、偏食していないか・・・

こういうのも頚椎症の症状と深い関係があります。
こういった観点も取り入れるのが、当院の特徴です。

  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する