四診とは?

四診は治療者が視覚や触覚などの感覚を使って、患者の身体状況の情報を集めるための診察法です。大きく分けて四種類あるので四診といいます。簡単に記しますと次の四種類です。

望診 顏や皮膚・舌の色や艶から診断する方法。 聞診 話し方や声の高低、体臭などから診断する方法。 問診 患者に質問をして診断する方法。ただ主訴や病状の経過・既往症などを質問するだけでなく、中国医学的な診断名を導き出すための特殊な質問法。 切診 触診のこと。脈やお腹・皮膚の状態を診る方法などいろいろあるが、脈診がもっともよく使われる。

四診の目的は、患者さんのもともとの体質、今の症状の原因、経過、先にどうなるかを予測し、弁証(中国医学流の診断)をするための情報を引き出す方法です。

  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する