中国医学の思想

古代中国哲学、特に道家の流れをくむ医学には、太極・気・陰陽・五行・易といった理解の鍵となる概念があります。それをふまえて宇宙観・自然観・哲学・人体観を作り出しました。これらは古代中国人の自然や人体に対する深い感覚体験を、きわめて高度な理性によって概念化・体系化させようとしたものです。中国医学に通底する思想の部分は、哲学でいう自然哲学の分野に属します。通常は主観的とされる感覚体験を、客観的な態度で観察を行い、合理的・実践的体系を作り上げてきました。それらは、同じような態度で人体を観察しようとするのならだれでも共有できるようなものです。

伝統的な中国医学は道家の思想を根底に据えた『黄帝内経』や、漢方治療の原典である『傷寒雑病論』といった古典をふまえています。『黄帝内経』は戦国時代にはすでに原型が作られていて、中国医学のまとまった文献としては最古のものです。『傷寒雑病論』は後漢末の張仲景がまとめた薬物治療(漢方)の本です。現代に行われている治療の源流はこれらにあります。しかし中国医学は長い歴史の中で発展・分化していき、多くの流派・学派が生じました。また鍼灸、湯液(薬物治療)、薬膳、導引など、治療技術の違いにより、得手不得手な分野が違ってきます。そのようなわけで、いくつもの治療体系・方法が生まれました。

  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する