自賠責保険

自動車事故で被害者として怪我(むち打ちなど)をした場合、加害者側の自賠責保険で鍼灸治療を受けることができます。

お取り扱い手順
1) 被害者ご自身で加害者の自賠責保険会社の担当者に連絡を取り、「○○鍼灸治療院で鍼灸治療を受けたい」旨を伝えます。
2) 保険会社が鍼灸治療院での治療を了承しますと、被害者に指定された治療院に連絡が入ります。保険会社の担当者と治療院側が治療費に関して交渉します。

3) 上記の交渉が成立してから治療が開始されます。治療終了までの治療費は、定期的に治療院側から保険会社に請求されます。


注意点
※ 治療院に行かれる前に、お近くの病院・診療所の整形外科で検査・診察をお受け下さい。

※ 通院される整形外科は、お仕事やお住まいの場所などを考慮し、利用しやすいところが便利です 。
事故直後に救急で行かれた病院から、受診しやすい病院への転院は可能です。病院と加害者側の保険会社に連絡して手続きをとっていただくことになります。

※相手方の保険の担当者が、保険金の支払いを安く押さえようとして、「鍼灸で自賠責で治療はできません」「医師の同意が必要です」などとウソを言うこともあるようです。どちらも間違いで、自賠責保険での治療ができますし、医師の同意も不要です。もしそのように言われた場合はご相談ください。

むちうちの鍼灸治療のページもご参照ください。

  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する