妊婦さんの治療

妊婦さんの治療

Q&Aのところでも書きましたが妊娠中の体調管理としても鍼灸は有効です。ただし妊娠中の治療は間違うと流産する危険性を高めることになりますので、知識と経験と技術が必要です。

つわり

程度の差はありますが、つわりはほとんどの妊婦さんにおきます。病気ではないので軽ければ治療の必要はないと思いますが、ひどい場合は食事がすすまなくなったりして、体力を消耗してしまうといけませんから、治療した方がいいでしょう。

治療方針としては簡単な治療を回数多く行います。妊娠中は強い治療ができませんので、症状を取るだけの治療になります。ベースになっている体調まで治療すればかなり効果を上げることが出来ますが、その場合は流産のリスクの高い治療になります。つわりは病気ではないのでそのような高リスクの治療をする必要はないと私は考えています。

安胎

安胎の治療とは、胎児が安定して母体内で成長できるようにする治療のことです。東洋医学的に見て流産・早産しやすい二大タイプは、

  のぼせて顔がほてる、相対的に足が冷えやすいタイプ
  全身が冷えるタイプ

どちらも冷えがあるので、冷え症ととらえてしまう患者さんも治療者も多いのですが、治療方法は全く違います。

前者はのぼせるのを降ろす治療をします。のぼせることを中国医学では逆気といいます。気が上って降りにくくなると考えるのですね。気が上るので上半身、特に顔は熱いが、気が降りないので下半身は冷えます。体力がある人でも、のぼせるタイプの人は胎児がいる下腹部へ元気を送る力が足りなくなるので流産・早産しやすくなります。

全身が冷えるタイプは元々元気がないタイプです。このタイプは胎児の成長が遅かったりすることも多いです。

治療としては後者の方が簡単です。お灸をよく使います。必要な場合は、ご自身で安全にできるお灸の方法をご指導させていただくこともあります。

前者の治療は流産させてしまうリスクが高くなりますので、技術と知識と経験が必要です。なぜ前者の治療は流産させてしまうリスクが高くなるのでしょうか?逆気を降ろす治療はさほど難しくないのですが、同時に胎児もいっしょに降ろす(流産させてしまう)治療になってしまうことが多いからです。流産させずに逆気を降ろすには、高度な知識と技術と経験が必要です。

逆子

逆子の灸治療は昔から有名で、産科病院でも取り入れているところが結構あります。
基本的にはお灸治療です。

妊娠中の肩凝り・腰痛

妊娠中の肩凝りや腰痛が起きたとき、下手に揉んだりすると流産する危険性があります。

特に腰部の治療は注意が必要で、マッサージ器で揉んだり、知識のない治療者の施術を受けたりしないでください。腰部を揉む、響かせる治療などは厳禁です。

         ※妊娠時に受診希望の方へ※
当院では妊娠初期に初診で治療するのを基本的にお断りしています。これは流産した場合、当院の治療が原因であると受け取られるのを危惧するためです。

妊娠初期の流産の原因のひとつに、受精卵や胎児に遺伝的に異常があることがあげられます。これは自然の摂理なのですが、治療を開始したものの、不幸にしてこのようなことが原因で流産した場合、当院の治療が流産の原因であると受け取られてしまう可能性があります。そうしますとお互いに不愉快な思いをしまうおそれがあります。それを避けるために当院では妊娠初期に初診で治療するのをお断りしています。

妊娠される前より当院を受診されている方は、体調等を把握しておりますので、治療を続けていただいてもかまいません。ただし、妊娠中の体調管理に重点を置くことになりますので、治療方法等が変わってきます。ご相談ください。

  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する